アルトサックス & クラリネット奏者


1945年2月1日生まれ。
14歳で大阪フィルハーモニーのクラリネット奏者川崎良一氏に師事
中学生時代25年間日本一の座を築いた西宮市立今津中学吹奏楽部において得津武史先生の第一期生である。
1960年〜1962年、朝比奈隆指揮の朝日ジュニアオーケストラに在籍。
1962年〜1964年、JOBK大阪放送管弦楽団に所属、後にジャズに転向。
1970年、リードアルト奏者として招かれ上京する。
1971年から21年間、関西のビッグバンドである北野タダオとアロージャズオーケストラに在籍する。
在籍中はディージー・ガレスビーや日野晧正など数々のアーティストと共演。
現在ファインメイツオーケストラのリーダーとして、また2005年6月念願であった池田市民文化会館を本拠地とするアゼリアジャズオーケストラを発足。
数々のコンサートを開催している。
また関西ジャズ協会の理事として関西のジャズ文化発展のため奮闘中である。



1987年 ディジー・ガレスピー氏と

 
 
1971年より21年間北野タダオとアロージャズオーケストラにリードアルトとして在籍し、演歌からジャズメンに至るまで数多くのアーティストと共演する機会がありました。いろんなアーティストの方のことは又紹介するとして、私自身、一番強烈だったのは、あの、バップジャズの創設者ディジー・ ガレスピー氏と共演できたことです。<BR>
             それは1987年12月関西のベーシスト宮本直介氏のプロデュースによりガレスピーとアロージャズオーケストラのコンサートが大阪厚生年金会館から始まりツアーがあったことです。何より私自身音楽上で大事なオーケストレーションのことをガレスピーから教えてもらったこと、それは5日間にわたるリハーサルです。<BR>
             最初はベーシストのポール・ウエスト氏によって細かくチェックされて続いてガレスピーが来日し、それこそ子供に教えるようにアドバイスしてくれて、ドラムには自分自分ドラムを叩いてみせるし、ピアノを弾いてみせるし、各セクションにわたって細かくチェックしてくれました。なかでも私のサックスセクションに於いては、5人の音が聞こえない、間違っても怒ったりしないから5人がビックトーンで吹け!と言って一つのフレーズ何回も吹かされOKのサインが出た時は、なんと私自身今迄耳にしなかったサウンドになっていたことです。私の思うことは、ブラスバンドに於いてもビッグ・バンドに於いても基本は同じだ、しっかりピッチを合わせて基本どうりに演奏することだと!<BR>
             現在自己のビッグ・バンドに於いてもアマチュアのオーケストラの指導に於いてもガレスピーの教訓を生かしていきたいと思っています。


問い合わせ

  下記にメールを下さい。
  adachi@jandb-kikaku.com
  出来るだけ早く御返事致します。